MMF
毎日の出来事を記事にしています。 楽しい事を書きたいな(*^_^*)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
石川遼:攻めの姿勢貫く 1年目17歳  
2008年11月30日 (日) | 編集 |

毎日新聞より 2008年11月30日 22時22分

17番、バーディーを決めて両手をすき上げる石川遼=Kochi黒潮CCで2008年11月30日、小川昌宏撮影 石川遼が獲得賞金1億円を突破した。すでに、マイナビABCチャンピオンシップの優勝で来年から2年間のシード権を得ているが、現在の賞金ランキングで5位。最終戦次第では3位までを視界にとらえている。

 1億円突破について、石川は「このトーナメントで達成できて光栄。ファンのみなさんの記憶に残ることができた。予選に通って(達成が)確実になったけど、最終日まで終えてホッとしている」と話した。

 今季は開幕戦こそ5位に入ったが、春先には4戦連続予選落ちと不本意な成績が続いた。ドライバーで果敢に攻めるゴルフを貫き通したことについて、石川は「春先はスイングづくりを心がけ、後半に安定してきた。シード権争いをしなければならない来年のためのゴルフをしようとした」と振り返る。だが、11月の優勝でシード期間が延び、「来年も自分のゴルフを大きくするために費やすことができる。シード権があるなしで、その年にできるゴルフが変わってくる」と話した。

 今週は、海からの風やコースの高低差で距離感に悩んだ。10位タイでスタートした最終日も前半で二つのボギーをたたき、「ドライバーの調子が良かっただけに、2位までのチャンスはあった。でも最後まで距離感がぴったりあった日がないのが課題」と悔しさをかみしめた。

 4日からはプロ1年目を締めくくる最終戦。「最後にふさわしい4日間にします」と意気込んでいる。【百留康隆】


私が17歳の頃はアルバイトと高校通いの日々でした。

その後に高卒で就職。

初年度の年収は300万に届きませんでした(゜-Å) ホロリ


更に現在は30代で年収600万に届いてません(o´_`o)ハァ...
スポンサーサイト
あなたの株は大丈夫ですか?
2008年11月24日 (月) | 編集 |
急激な株価の下落で投資家達は泣いています(゜-Å) ホロリ

本当に沢山の株券が紙切れのようになってます…

私も少し株を持ってますが一時期の半分にまで減ってます(o´_`o)ハァ...


こんな時にでも儲ける方はいるようです(∩_∩)

信じられませんが事実の様です。


私もプロのアドバイスを受けてみようと…


お陰で少しは元に戻りつつありますね(⌒_⌒)ニコ

流石はプロの方ですね!!

良い方向に向かってます(^-^)ニコッ

本当に良かったです♪


やはり素人が手を出すものではない様ですね…


私が相談したのは↓↓↓です(⌒_⌒)ニコ




皆さんも無料お試しからやってみてください(∩_∩)


オグシオが5連覇 男子単は田児が最年少V  
2008年11月16日 (日) | 編集 |
2008.11.16 16:51  産経新聞より

 5連覇を達成しメダルを掲げるオグシオペアの小椋久美子(左)と潮田玲子=東京・代々木第二体育館(撮影、斎藤浩一) バドミントンの全日本総合選手権最終日は16日、東京・代々木第二体育館で行われ、女子ダブルスで小椋久美子、潮田玲子組(三洋電機)が、北京五輪4位の末綱聡子、前田美順組(NEC・SKY)に2-0(25-23、21-19)で勝ち、5年連続5度目の優勝を果たした。

 男子シングルスは19歳4カ月の田児賢一が佐藤翔治(ともにNTT東日本)をストレートで破り、舛田圭太(トナミ運輸)の持っていた最年少優勝記録を4カ月更新した


今回で見納めのオグシオ♪

満員の会場で釘付けになりました(★ ̄∀ ̄★)

TVでの観戦でしたが

夢中で見ている私がいました♪


コンビ解散やめてほしいですね(゜-Å) ホロリ
【日本シリーズ】賭けに勝った“勝負師” 西武・渡辺監督
2008年11月10日 (月) | 編集 |

2008.11.9 23:04  産経新聞より

《プロ野球日本シリーズ第7戦巨人対西武》優勝を決め、胴上げされる西武の渡辺久信監督=東京ドーム(荒木孝雄撮影) 若き獅子たちの手によって、背番号99が9度宙に舞った。西武が宿敵巨人を破り、4年ぶり13度目の日本一。「こんな、就任1年目のダメな監督を盛り上げてくれて、選手たちには感謝しています」。渡辺久信監督の声が震えていた。

【写真集】激闘!西武、日本一
 12球団唯一の投手出身監督。自身も10度経験した大舞台で、主力投手の心意気と、短期決戦の特徴を知り尽くす采配(さいはい)を見せた。「短期決戦には、短期決戦の戦い方がある。調子のいい選手を使わないと悔いが残る」。追いつめられた第6戦で今シリーズの絶対的な切り札、岸を投入。次戦を考えず最後まで投げさせた。そして第7戦には西口、石井一、涌井をつぎ込む総力戦を展開。「(現役時代に)僕もやってきたし、こういう使い方は自分の考えた通りではあったね」。事前の思惑通り、逆転勝ちをもぎ取った。

 巨人の李承●(=火へんに華)ひとりの年俸(推定6億5000万円)が、西武のスタメン野手の年俸合計とほぼ同じ。個々の力で勝ち上がってきた巨人には、ベンチ全員で立ち向かうしかない。第5戦で王手をかけられると「今こそ一つになるときだ。追い込まれた獅子の強さを見せろ」。若い選手の反発心をもう一度呼び起こし、指揮官自身は“最後の賭け”に集中した。

現役時代から「天性のギャンブラー」といわれた男。独身時、西武は5年間の寮生活が義務づけられていたが、4年目のオフに無断でマンションを購入。背水の陣で退寮を直訴した。「もう契約しちゃいました」。6000万円の大きな賭け。これには当時の根本管理部長(故人)も折れた。「おまえ、よう考えたな…」。岸を先に使い切って流れを引き寄せたシリーズの勝負手は、そのときと同じ豪胆さがなせる業だった。

 ただ、歓喜の瞬間に、リーグ優勝で見せた涙はなかった。自分を胴上げしてくれた若い選手をさらに成長させ、黄金時代を作る使命が残されているからだ。「アジアシリーズ、勝つぞ!」。指揮官の発声で、ナインは一斉に人さし指を空に突き上げる“ナンバーワン”ポーズ。現役最年少、43歳の渡辺監督の前には長く広い道が開けている。(坂井朝彦)


私は埼玉出身なので嬉しく思います。

巨人の原監督も好きなのですが

今は西武の優勝をお祝いしたいと思います。


さてと西武デパートにでも出かけなきゃ(^-^)ニコッ
小室哲哉氏:詐欺容疑で逮捕へ 著作権譲渡と5億円  
2008年11月04日 (火) | 編集 |

毎日新聞より 2008年11月4日 5時00分(最終更新 11月4日 5時41分)


小室哲哉氏 数々のヒット曲で知られる小室哲哉・音楽プロデューサー(49)=東京都港区=が、楽曲の著作権を譲渡すると偽って兵庫県内の投資家の男性から前払い金として5億円をだまし取った疑いが強まり、大阪地検特捜部は詐欺容疑で、小室プロデューサーと取引の関係者ら計3人の逮捕状を取った。4日にも事情聴取し、容疑が固まり次第逮捕する。小室プロデューサーの楽曲の著作権の大半は音楽出版社が持っており、特捜部は譲渡できないと知りながら、うその話を持ちかけたとみて追及する。

 特捜部や取引関係者によると、小室プロデューサーは06年8月7日、日本音楽著作権協会に自分名義で登録している全楽曲806曲の著作権を10億円で譲渡する内容の仮契約を男性と結んだ。その後「離婚した妻が著作権使用料を差し押さえているので、解除のために先に5億円を支払ってほしい」と要請。男性は同月29日までに計5億円を振り込んだ。

 ところが、仮契約段階で、著作権は楽曲を管理する音楽出版社に既に譲渡されており小室プロデューサーに権利がなかったことが判明。しかし返金に応じなかったため、男性は今年2月、逸失利益を含め6億円の損害賠償を求めて提訴した。プロデューサー側が全額を支払うことで和解が成立したが、期限の9月末までに支払われず、男性側は地検に刑事告訴した。

 特捜部は、小室プロデューサーが多額の負債を抱え、5億円を差し押さえ解除でなく借金返済に充てていたことを把握。音楽ビジネスを熟知した上で最初から金をだまし取る目的だったとみており、男性との取引を仲介した業界関係者2人からも経緯を聞く。

 小室プロデューサー側は民事訴訟で「詐欺に該当するような事実関係はない」と主張。代理人弁護士は毎日新聞の取材に対し、「小室本人は(6億円の支払いに)一生懸命、誠実に対応している」と話した。

 小室プロデューサーは84年、3人組の「TM NETWORK」でデビュー。90年代にはTRFや安室奈美恵さんらをプロデュースして次々にヒット曲を生み、98年には自ら率いるglobeが日本レコード大賞を受賞。手がけたCDの総売上枚数は1億7000万枚を記録する。【藤田剛、林田七恵】

 ▽著作権 著作物が創作された段階で著作者に自動的に発生する財産的権利。複製権(CDや楽譜)、演奏権(カラオケなど)、公衆送信権(インターネットなど)、貸与権(レンタルなど)が含まれ、一部または全部を譲渡することができる。音楽業界では、著作者である作詞家や作曲家が、音楽出版社に著作権を譲渡して楽曲の管理を任せ、代わりに印税を受け取るのが一般的になっている。


大きな事件ですね。

何でそんな事をしたのか…

この方の行動は理解出来ません!!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。