MMF
毎日の出来事を記事にしています。 楽しい事を書きたいな(*^_^*)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うまくゴールインしてほしいかな
2010年05月19日 (水) | 編集 |
大人の恋♪ 素敵です(^-^)ニコッ
私も恋したいな~♪

内田有紀、柏原崇と熱愛!昨年運命の再会
2010.5.19 05:06

 女優、内田有紀(34)が俳優の柏原崇(33)と真剣交際していることが18日、分かった。15年前にCMで恋人役を演じるなど、仕事上では付き合いがあった2人。複数の関係者によると、昨年再会し、交際は年末から始まったという。ともにバツイチだが、同じ境遇だからこそ通じる“大人の愛”を育み、公私ともに人生を充実させていく。
 30代半ばに差しかかった内田が、1歳年下の柏原と“大人の愛”を育んでいた。
 複数の関係者によると、もともと仕事仲間だった2人は昨年再会。知人を交えて会う機会が増えるうちに意気投合し、年末に交際をスタートさせたという。演劇関係者は「2人でよく、舞台をみていますよ」と証言。また、ツーショットで食事する姿もたびたび目撃されている。
 2人が仕事で初めて共演したのは、1995年放送の「ロッテ ガーナチョコレート」CMシリーズだった。付き合い始めのカップルを演じ、ほほえましい相合い傘も披露。ともにアイドルから本格派な俳優業へと脱皮をはかる時期だった。
 6年後の2001年には、内田主演のTBS系ドラマ「ビッグウイング」で共演。羽田空港の旅客ターミナルを舞台にした人間ドラマで、内田の相手役を柏原が務めた。
 だが、その後は2人が仕事で顔を合わせることはなかった。その間、内田は02年12月に俳優、吉岡秀隆(39)と結婚し、05年12月に離婚。一方の柏原も04年6月に女優、畑野ひろ子(34)と結婚したが、06年2月に離婚した。
 同じ境遇に置かれる中で、運命の糸が2人の再会を導いたのか…。常に礼儀正しく気遣いを忘れない内田と、男らしさと心優しさを併せ持つ柏原の距離が、徐々に縮まっていったようだ。
 酸いも甘いもかみ分けた2人は、焦らず、じっくりと交際を続けている。関係者によると、早期のゴールインはないというが、今後結婚に発展していくのか、注目だ。(サンスポより引用)
スポンサーサイト
笑えますよね(*^_^*)
2010年05月05日 (水) | 編集 |
石橋貴明語る映画「矢島美容室 THE MOVIE」
2010.5.4 09:34
  
今だから“バラエティー発”

 映画の原作と聞いて、何を思い浮かべるか。小説、マンガ、それにドラマ…。公開中の「矢島美容室 THE MOVIE~夢をつかまネバダ~」(中島信也監督)は、テレビのバラエティー番組も映画になることを示した作品だ。企画段階からかかわったとんねるずの石橋貴明は「これが当たったら、どんどんこれからも出てくる」とアピールする。

 「矢島美容室」は、フジテレビ系の人気バラエティー番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」から生まれた3人組の音楽ユニット。映画では、アメリカのネバダ州で美容室を営む36歳のマーガレット・カメリア・ヤジマ、17歳のナオミ、11歳のストロベリーという母子3人の笑いと涙の日々が、ミュージカルシーンを交えながら描かれる。

 「ドラマは映画化されるのに、なぜバラエティーからは作らないんだろう」。石橋は以前から、こんな疑問を抱いていたという。確かに小説やマンガ、ドラマの映画化はよくあるが、バラエティーは異例だろう。

 2年前の暮れ、矢島美容室として行った1万人無料コンサートの経験も、その思いを強くした。「お客さんのリアクションが良かった。ファミリー層が温かくなるような映画を、バラエティーから作ったら、ちゃんとできるんじゃないか。人を楽しませることは、バラエティーのぼくたちのほうが得意だから」

 ユニークなネーミングにはルーツがある。石橋と木梨憲武のとんねるずがかつて演じた不良バンドのコント「矢島工務店」。この大ファンだったDJ OZMAが番組で、現代版をやりたいと提案したのが始まりだ。「(キャラクターは)やり尽くした感があった。そこで全員が女の子になってしまうことだと思った」

 日本人の父親は失踪(しっそう)、アメリカ育ちの娘2人が父親を探して来日し、桜を見て自身に流れる日本人の血を認識する…。そんな人物像を作り込んだ。「彼女たちはそこで初めて日本の良いところ、悪いところも知る。そういうしっかりしたベースがあった上でふざけるわけです」と笑う。

 映画でも基本的な骨格は同じ。歌と踊り、笑いの場面が続くが、父親への思いを描いた場面には、日本を強く意識させる。笑って泣けるエンターテインメントの王道を行く作品だ。

 「不況の年はミュージカル映画が当たるそうです。ヒットして、寅さんや釣りバカ日誌に続くハートウォーミングな作品として、シリーズ化できれば(笑)」と石橋。閉塞(へいそく)感漂う今の時代こそ、“バラエティー発”が求められているようだ。(産経新聞より引用)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。