MMF
毎日の出来事を記事にしています。 楽しい事を書きたいな(*^_^*)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
通信講座は楽しく
2010年04月15日 (木) | 編集 |
こんにちわ。



最近、くもりや雨ばかりで晴れる日が恋しいですね。



早く良いお天気になってくれないかなぁ。



最近、自分に合った資格を探しているのですが、いろんなのがあって迷いますねー。



その中でも、気になっているのが、キャリアカレッジジャパンさんの『宅地建物取引主任者』の資格です。



こちらの会社は、もし不合格の場合、全額返金サービスというのがありますので、安心して申し込めますね。



っていうか、受験するまえから落ちることを考えてちゃだめですね。笑



下記、キャリアカレッジジャパンさんの『宅地建物取引主任者』の資格の紹介です。



■宅地建物取引主任者

最短90日ラクラク合格指導講座



不合格なら全額返金!!宅地建物取引主任者

最短90日ラクラク合格指導講座



徹底的に研究し制作された宅建講座は、短時間で一発合格できる実力を養成します。

合格率抜群の講師による講義を収録したDVD全6巻は、教室にいるかのような雰囲気。

テキストはメリハリが効いて飽きがこない内容と、豊富な演習で自然と復習している構成のカリキュラムです。

また添削課題は、本試験同様の択一形式。初めての方にも、わかりやすい丁寧な指導体制で絶大な支持を得ています。





■宅地建物取引主任者とは



不動産取引の増加が見込まれる今、ニーズは高まっています



・重要事項の説明

不動産の契約をする前に、契約者に対して必ずその物件に関する重要な情報を説明することが法律によって義務付けられています。



・ 重要事項説明書への記名・押印

『重要事項説明書』に宅建主任者の名前を記名、自身の印鑑を押印し重要事項の説明がなされたことを証明します。



・ 不動産契約書への記名・押印

重要事項の説明と、契約者への意思確認の後に契約書のチェック、記名、押印をします。



今後大注目の宅建主任者!必要性は確実に増加!!



多くの業界が大注目!

・時代は宅建有資格者を求めている

不動産業界はもちろん、金融、建設、その他多くの業界でも宅建有資格者は優遇される時代。

それだけ宅建の知識が社会から求められているのです。

毎年17~18万人もの人が受験しているということからも、その需要の大きさがうなづけます。



・先を見据え、資格取得者数も増加中!やはり人気の手堅い資格!

宅建試験は、年々難易度が高まる傾向にあります。

宅建主任者に求められる責任も増しているという証明です。

不動の人気を誇る宅建主任者は、これからも取って損のない手堅い資格といえるでしょう。



・不動産関連はやはり収入も断然高い

不動産関連の仕事において、宅建主任者資格所有者は、お客様への不動産取引の重要事項説明を担っており必要不可欠な存在です。

だからこそ、資格者給与面でも待遇面でも優遇されるのです。




■宅地建物取引主任者資格とは

不動産取引に必要不可欠の国家資格 多くの業界で優遇される一生ものの資格です。

正しくは、宅地建物取引主任者といい、不動産取引を行う営業所では、従業員5人に1人はこの宅建主任者を置かなければならないと法律で決められています。

試験内容は、中途半端な学習では合格できない国家資格ですが、合格者数に定員は無く、基準点以上を取れば合格できる試験です。

合格ラインは、全50問中、 70%の正解です。

きちんと対策された学習をしていれば、知識ゼロからでも合格が狙える資格です!

合格の対策万全のキャリカレ宅建講座で是非とも資格取得を目指してください!!

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。