MMF
毎日の出来事を記事にしています。 楽しい事を書きたいな(*^_^*)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
石川遼、全英OP予選落ち タイガーも
2009年07月18日 (土) | 編集 |
【ターンベリー(英国)=木村正人】ゴルフの全英オープン選手権は17日、英北西部のターンベリー・エイルサコース(7204ヤード、パー70)で第2ラウンドを行い、初出場で初日21位につけていた17歳の石川遼はボギーを連発して8オーバー、通算6オーバーで予選落ちした。
 石川と同組のタイガー・ウッズ(米国)も4オーバー、通算5オーバーで予選落ちした。ウッズがメジャー大会で予選落ちするのは父親の死去で調整不足だった2006年の全米オープン選手権以来の出来事で、プロ入りしてから2度目。
 首位には、全英5勝を含めメジャー8勝をあげている59歳のトム・ワトソン(米国)がスティーブ・マリノ(同)とともに通算5アンダーで首位に立った。
 日本勢は初日2位の久保谷健一は72で第2ラウンドを終え、通算3アンダーで4位タイ。120位で出た今田竜二は69で回り、通算3オーバーで念願の予選通過を果たした。
 池田勇太は通算7オーバー、矢野東は同9オーバー、近藤共弘は同10オーバー、小田孔明は同14オーバーで予選落ちした。上位70人と同順位までの選手が決勝ラウンドに進んだ。(サンスポより引用)


残念でしたね!!
初日は最高の出来だったので期待してました。
でも、まだ17歳!!
益々の成長が期待できますね(⌒_⌒)ニコ
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。