MMF
毎日の出来事を記事にしています。 楽しい事を書きたいな(*^_^*)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
寛平宣言!「大統領や王様が来ても大丈夫」
2009年10月03日 (土) | 編集 |
マラソンとヨットで地球を1周する「アースマラソン」に挑戦中のタレント、間寛平(60)が1日(現地時間9月30日)、国際オリンピック委員会(IOC)総会を控えたデンマークの首都、コペンハーゲンに到着した。2日、2016年夏季五輪の開催地が決まる。東京の不利が伝えられるが、東京五輪招致大使として「大統領や王様が来ても大丈夫」と宣言した。

 東京五輪招致を祈りながら、ひたすら走り続けてきた寛平が、ついに決戦の地に到着した。フランスのル・アーブルから走り始めた直後、右足を痛めるアクシデントがあったが、無事にIOC総会に間に合った。
 「ついにコペンハーゲンに着きました!! いろいろあったけど、予定通りに、思った日にちに着けました! ホンマ皆さんのおかげですわ! ありがとうございました」

 現地時間9月30日夕(日本時間10月1日未明)、00年シドニー五輪女子マラソン金メダリスト、高橋尚子(37)と、88年ソウル五輪女子マラソン金メダリスト、ロザ・モタ(51)に迎えられ、伴走。現地の日本人や観光客から大声援を受け、有名な観光地、ゲフィオンの泉前でゴール。「ア~メマ~! 最高や~!!」と絶叫した。

 16年夏季五輪の開催地を決める総会を前に、「どこかの王様が来たり、大統領が来たりしてますけど、いやいや、大丈夫です。このアメママンが毎日、ずっと祈りながら走ってきました」。ただ、「もしオバマ大統領に会えたら、いっしょに写真を撮りたい」とも。

 同日夜には、招致委員会によるレセプションに出席し、東京都の石原慎太郎知事(77)と対面。なんと、知事から寛平のギャグ「アヘアヘ」で歓迎された。

 到着から一夜明けた10月1日午前(日本時間同日午後)には、さっそくマラソンを再開。実は3日にコペンハーゲンからドイツのロストックへヨットで渡る予定だったが、大型の低気圧の接近を受け、急きょ変更。天候が回復する6日にコペンハーゲンから125キロ離れたヨットハーバーから出航するのだ。

 「これからは、またみんなの応援とともに日本に向けて走っていきます! 応援よろしくお願いします!」

 招致大使として行事に参加しながら、時間を作って走り始めた寛平。東京五輪開催決定の吉報を信じ、11年3月の帰国をめざして走り続ける。(サンスポより引用)
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。